FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




web拍手

雑談と旅行事後談も少し



こんにちは、お久しぶりです笹和です!
危うくまた広告出すところでした…。ギリギリセーフ!

↑の写真ですが、久しぶりにゲーム買っちゃいました!
安かったので思わず…ww
というのも、とある近所の本屋にゲーム売り場も併設してあったのですが、どうもそのゲーム売り場をたたんでしまうそうで。
その売り尽くしセールで全品値下げした上に半額という叩き売りもいいとこな値段設定で販売していたのでついつい2本も…^^
ソフトだけでなくハードも半額ということだったので、ずっと欲しかったVitaもないか探したんですが、流石にこっちはもう売れ残ってはいませんでしたね。
いつプレイできるのか謎ですが、時間できたときにでもゆっくり遊びたいと思います!

あと、とても久々にサイト更新しましたよ!
お暇な方、見に来てくださると嬉しかったり恥ずかしかったり…いえ、嬉しいです!
ブログ左側にある新しくなったバナーからお入りください!



…で、1ヶ月前の記事に予告した旅行談しますね!(遅)

行ったのは滋賀県琵琶湖! ついでにその周辺の県である、岐阜県、福井県、石川県でも少し遊んできました。
本当は写真も載せたかったのですが…2枚目以降のアップロード→貼り付けがめんどくさゲフン。

岐阜では関ヶ原と伊吹山に行ってきました!
関ヶ原はあの有名な関ヶ原の戦いがあった場所です。といっても私歴史全く詳しくないので説明とかは出来ないんですが…w
四方を山に囲まれた盆地みたいな場所で、山の上にそれぞれの軍が陣を張っていたようです。なるほど、見渡し効くわけですな。

伊吹山は…登るための有料道路が前日の台風のせいでめちゃめちゃになってしまったのでその整備のために通れるようになるのは朝8時半からだとかで…有料道路手前まで付いたのは早朝1時とかそんな感じの時間だったので、かなり待たされましたw
開通して車で登ること数分、霧で視界が効かなくなりまして。
それでも山頂(?)に着き車停めて降りましたが…案の定そこも視界の効かない状態でとても景色のいいはずが一面真っ白でしたw
本来ならそこから今度は徒歩で登れる道があり、ところどころには花が植わっててその景色も楽しめるはずだったらしいのですが、雲が低くとても晴れる気配も無かったので仕方なく下山しました。

で、滋賀。
滋賀では琵琶湖と彦根城、姉川に行ってまいりました。
…といっても琵琶湖はその周辺をドライブしただけで、しかもその時私は爆睡してたのであまり景色を見てないという…;;
もったいないことをしてしまった…。なので記事は彦根城と姉川だけで失礼します。。

彦根城は言わずとも知れたひこにゃんのあそこです!
城主は…誰だったかな、有名な人だったはずなのですが…すみません本当歴史ニガテなんです。
ただ城の作りとかは目に焼き付いてますよ!
城壁なんかは敵に攻め込みにくいように工夫を凝らしてあるように思えました。
まず当たり前ですが城にたどり着くまではずっと登り。しかも道は細くくねくねしているのでなかなか上へは行けません。
一方で城の人たちからは弓や銃で狙い撃ちし放題な見通しの良さで敵側からしてみたら城にたどり着くだけで一苦労なんだろうなと思いました。
城の構造自体は他の城と大差ないように感じましたが、いざという時の城主の逃げ道があったことは驚きでしたね。
ただの壁かと思いきや、実はその奥には空間があるという…!
物音立てたら終わりな気がしますけどね!

姉川は姉川の戦いがあった場所です。
なんでもこの戦いのあと、姉川は死者の血で真っ赤に染まったとかなんとか…。
そういう話は聞いたことあったんですがごめんなさい、やっぱり誰と誰の戦いなのかとか詳しいことは分からないです。。
ただ姉川を挟んで向かい同士に陣を置いてたとのことだったので、陣と陣の間は思いのほかあまり距離がないんだなと感じました。

福井では東尋坊行ってきました。
一言で言ってしまうと崖なんですが、その崖の形が珍しいとかで。なんて説明したら伝わるのか謎ですが…イメージとしては細長い岩がたくさん寄せ集まったような崖で…例えるなら霜柱みたいな形をしてました。
崖の上に乗ることもできて、割と賑わってました。
近くには展望台もあるので、さらに高い位置から四方を見渡すこともできます。

で、最後に石川。
石川ではゆのくにの森というところに行ってまいりました。
一つの施設の中で一つの村を再現したような場所で、その建物の一つ一つの中では石川伝統の塗り物や染め物、陶器、金箔などなど、見学・買い物できるようになってました。
中には体験できるものもあって、夏休みの自由研究を抱えた子供たちがたくさん体験に参加してました。


ちょっと、後に行くにつれてだんだん体力使い果たしてきたみたいな事後談になってしまいましたがだいたいこんな感じでした!

ではでは本日はこの辺で。

関連記事
スポンサーサイト




web拍手

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カウンター
プロフィール

笹和 コハル

Author:笹和 コハル
since:09/10/31

サークル名:ピクルス
として同人活動もしております

はじめての方もそうでない方も笹和について知りたい方はコチラ

↓↓↓
TOP的なもの

●お願い●
大変申し訳ないのですが、宣伝・広告(特に年齢制限有りや出会い系など)のために投稿されたと管理人が判断したコメントは容赦なく削除させていただきます。
ご理解とご協力をお願いします。


絵チャ室

PCサイト...


携帯サイト...

いろいろ


月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

特に面白い訳ではないブログ◇◆

燈夢革命

まゆんこのぶろぐ

不思議ちゃんとユカイな仲間達。時々+あるふぁ。

ユルイズム

流れ星に願いを

怠謳惰歌

ちとせの匣

シュレディンガーのにゃんこ

いつだって S N K

なりそこないカメレオン ver.2.0

流れ流れてる源源日記

語り場
応援中♪
「Roman」スペシャルコーナー







Powered By FC2ブログ
 

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。